賃貸で始める一人暮らし!インテリアを楽しもう

部屋を楽しむ

一人暮らしでワクワクすることといえば、部屋のインテリアをどうするかということでしょう。自分だけのスペースに好きなものだけを置いて暮らすことができるのです。賃貸マンションやアパートでもDIYができる物件はあります。そういったところで思いのままにインテリアを楽しみましょう。

一人暮らしで最初に必要な家具や家電

  • 照明
  • カーテン
  • 布団
  • テーブル
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • タオル

賃貸で始める一人暮らし!インテリアを楽しもう

女性

最初に必要なカーテンや照明

一人暮らしを始めるときに必ず必要なのが、カーテンと照明です。赤坂のような都心にある高層マンションでは、カーテンを付けないという人もいるようですが、一般的にはプライバシーを守ってくれるカーテンは最初に揃えるべきものだといえるでしょう。また、賃貸では照明が取り付けられていない物件もあるので、契約の際に有無を確認しておく必要があります。

面積の大きいカーテンはインテリアでも重要

インテリアというとソファやテーブル、ラグやクッションといったものだけでなく、カーテンも含まれます。とくにカーテンは面積が大きいので、部屋の印象に大きく関わるのです。最近ではいろいろなテイストのカーテンがあり、機能性に優れているものも少なくありません。例えば、防火や遮光、撥水やウォッシャブル、抗菌などの機能があります。

インテリアを決める前にテイストを決める

一人暮らしでインテリアを楽しみたいなら、カーテンや照明といった家具を買い揃える前に部屋のテイストを考えておくといいでしょう。例えば、アメリカンやフレンチ、ハワイアンやアジアンなど、いろいろなテイストの部屋があります。自分の理想がどのスタイルに近いのかを引っ越し前から考えておくことが大切です。そうすることで、他の家具を購入するときのヒントになるでしょう。

カーテンを選ぶときのポイント

カーテンの長さをきちっとはかろう

カーテンの長さはカーテンレールまでの長さをはかることで判断できます。また、横幅の長さもしっかりはかりましょう。小さすぎると窓を覆えなくなってしまうので、それぞれの窓に合わせた物を購入しましょう。

色や柄を考える

カーテンの色や柄は、部屋全体の印象にも関わってきます。自分の好きなテイストのカーテンで、来客でも困ることが無いようなカーテンの色や柄を選ぶといいでしょう。

必要な機能を考える

たくさんの機能があるカーテンですが、自分がどの機能が必要なのかを考えましょう。例えば、外の音が気になるという人は遮音性の高いカーテンを選ぶといいでしょう。また、光を通しにくい物やかすかに光を通すものまでカーテンの機能は幅広いので、必要に応じて使い分けるのもよいです。

広告募集中